送料1,00円で全国配送 10000円以上お買い上げで完全無料!

■ 現在のカゴの中 ■

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 医薬品
  • 健康食品
  • フード・飲料
  • 化粧品
  • 日用品
  • 医療用品
  • 健康器具
  • 商品一覧を見る

採用情報

花粉症の予防方法について

【花粉症は発症している人が多いアレルギー疾患】

花粉症の予防方法について 日本人の4人に一人は花粉症だと言われていて、花粉症の季節になると連日テレビで花粉症情報が話題となるくらい、国民病であり有名なアレルギー疾患です。
花粉症の予防・対策方法として常識となっているマスクの着用ですが、花粉症対策にはマスクで体内への花粉の侵入を防ぐことが大切なポイントです。
また、これまで花粉症ではなかった人でも花粉症の症状が現れる可能性があり、遺伝や生活習慣などで発症する可能性が考えられますので、花粉症の人だけではなく花粉症にかかってしまわないか心配な方も予防することが大切です。

 

【何故マスクが花粉症予防に必須なのか】

花粉症がおこる原因は、スギなどの花粉が浮遊したものが目・鼻の粘膜に付着することによって引き起こされます。
そのため、花粉をシャットダウンするためにはマスクが適しています。
マスクにも医療用品や一枚20円くらいの花粉症用のもの、メガネのくもり軽減や耳紐に柔らかい素材を使用して長時間着用しても快適に使用することのできるものまで色々な製品が販売されています。

 

【花粉症予防用マスクの選び方】

花粉症予防として販売されているマスクには「ガーゼ」と「不織布」の2つの素材があります。
・ガーゼ
肌触りがよく呼吸がしやすい、洗濯することで何度か利用できるため経済的に不織布より優れています。
・不織布
繊維が不規則になっていて、花粉を付着させブロックする構造となっているため、花粉の侵入を防ぎやすい素材です。

 

マスクの素材だけではなく、マスクの形も平面型と立体型の2つのタイプがあります。
・立体型
花粉が侵入してくるような鼻や口元の隙間を減らし、圧迫感や喋りにくさなどの不快感が軽減されています。
・平面型
使い捨てタイプのものが多くて値段が手頃なため、花粉が付着したマスクを毎日交換することができます。

 

【マスクの使用で注意する点】

鼻汁中の細菌はマスクに移行します。
そのため、毎日使い捨てをして使用するか、洗って繰り返し使用できるタイプでもずっと使い続けるのではなく1週間に1度くらいの頻度で新しいものへ交換するとよいでしょう。


会員さまログイン

メール
パスワード

記憶する

新規会員登録

パスワードを忘れた方はこちら

公式ブログ

実店舗からの情報

ファインズファルマ

東海地区を中心に、路面店及び ショッピングモール内に出店。 薬の専門店として地域医療に貢 献、各店に相談カウンターを設 置し、セルフメディケーション の推進を目指します。

店舗のご案内、キャンペーン情報はこちらから

医薬品の販売につきましては、
弊社の専門家が24時間電話対応致します。

薬剤師
舌古 孝(ぜっこ たかし)
090-7318-7271

登録販売者
舌古 陽介(ぜっこ ようすけ)
080-5133-3713