送料1,00円で全国配送 10000円以上お買い上げで完全無料!

■ 現在のカゴの中 ■

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

  • 医薬品
  • 健康食品
  • フード・飲料
  • 化粧品
  • 日用品
  • 医療用品
  • 健康器具
  • 商品一覧を見る

採用情報

生活習慣病の予防方法について

生活習慣病の予防法 食生活・運動習慣・飲酒・喫煙・休養などの生活習慣によって引き起こされる病気が生活習慣病です。
生活習慣病は、心臓病・脳卒中・癌・糖尿病・高血圧・肥満・高脂血病など、日常生活を苦しくなり生命の危機につながる病気に関連するので注意が必要です。

 

以前、生活習慣病は成人病とよばれ、加齢と共に発症するものだと考えられていました。
しかし、高血圧・糖尿病などの病気は、食生活・喫煙・飲酒・運動習慣など生活習慣が関わっていることが明らかになったことから厚生労働省が生活習慣病と呼び方を変えることとなりました。

 

【生活習慣病の予防方法】

生活習慣病の予防法 1.野菜・海藻・豆・大豆製品をたっぷり摂ること
野菜・海藻・豆・大豆成分には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は脂肪や糖質の吸収を遅らせて満腹感を持続させてくれる作用と、腸内コレステロールを吸収して便と排出し血液中コレステロールを低下させる働きを持っています。

 

2.食事は腹八分目にする
肥満になるとインスリンの働きが悪くなり、動脈硬化を引き起こします。
食事はゆっくり味わって食べ、腹八分目を心がけるとよいでしょう。
ながら食い・まとめ食い・早食いなどの食べ方は食べすぎの元となるため肥満の原因になります。

 

3.塩分は控えめに摂取する
加工食品や外食には多くの塩分が含まれています。
特に惣菜や練り製品には多くの塩分が含まれていますので、摂りすぎには注意してください。

 

4.ウォーキングや散歩など、こまめに歩く習慣をつける
有酸素運動は善玉コレステロールを上げたり、インスリンの働きを良くする効果があります。
日常生活にウォーキングを取り入れる、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、1つ手前の駅やバス停で降りて意識する等、歩く機会を増やすなどして体をこまめに動かすことを心がけるのも大切です。

 

5.煙草は吸わないようにする
煙草には血圧を上昇させ、動脈硬化を促進する働きがあります。
肺がん・胃潰瘍・胃がん・気管支炎・喉頭がんなどの病気を引き起こす原因となります。

 

生活習慣病の予防法 6.週に2回は休肝日を作り、過度の飲酒には注意をする
過度の喫煙は肝臓機能の悪化や、動脈硬化の助長、中性脂肪の増加などを引き起こします。
お酒は飲みすぎるのではなく適量を心がけ、つまみは刺身・豆腐等の良質のたんぱく質を摂るとよいでしょう。
また、休肝日を作り肝臓を休ませるのも大切です。

 

7.ストレスをためないようにする
ストレスは体によくないと言われるのには理由があります。
それは、ストレスの刺激が脳に伝わることで交感神経が刺激されて心拍数を上げたり、血管を収縮させたりするためです。
そのため常にストレスにさらされる状態になると、高血圧の状態になってしまいます。
また、ストレスが溜まると暴飲暴食や煙草の本数の増加など、生活習慣が乱れる原因となります。
気分転換、十分な休息や睡眠、不満や問題を一人で抱え込まない、趣味を持つなどして、ストレスをできるだけ感じない生活を心がけるようにして下さい。

 


会員さまログイン

メール
パスワード

記憶する

新規会員登録

パスワードを忘れた方はこちら

公式ブログ

実店舗からの情報

ファインズファルマ

東海地区を中心に、路面店及び ショッピングモール内に出店。 薬の専門店として地域医療に貢 献、各店に相談カウンターを設 置し、セルフメディケーション の推進を目指します。

店舗のご案内、キャンペーン情報はこちらから

医薬品の販売につきましては、
弊社の専門家が24時間電話対応致します。

薬剤師
舌古 孝(ぜっこ たかし)
090-7318-7271

登録販売者
舌古 陽介(ぜっこ ようすけ)
080-5133-3713